2009年05月15日

健康診断 義務

社会人になると、体を動かす機会が少なくなったり、残業などで生活のリズムが不規則になったりすることが多くなり、どうしても体を壊す確率は上がってきます。

■:□:■:□:■
そのため会社には、雇い入れている労働者の健康管理の一環として
「定期的に健康診断」は「義務」となるのです
■:□:■:□:■



・・健康診断 義務 〜アルバイトはどうなるのか・・

まず、正規雇用されている労働者、つまり正社員については全員が健康診断実施義務の対象になります。

契約社員などの場合は契約の更新によって1年以上の雇用が見込まれる場合や、アルバイトやパートとして働いている場合でも1週間の労働時間が社員の4分の3以上あるときは、社員と同様に健康診断の対象になります。

派遣社員の場合は、直接労働契約を交わしているのは派遣先の会社ではなく派遣会社になるため、健康診断の実施義務も派遣会社が負うことになりますが、派遣先が大きな会社だったりすると、派遣先の社員と一緒に受診できることもあるようですね。




・・健康診断 義務 〜いつ行うのか・・

健康診断を行うタイミングとして基本になるのは雇用時、つまり入社した時と、そこから1年以内ごとです。年に一度が、健康診断の義務となります





・・健康診断 義務 〜健康診断なんていわれたことないけど??・・

健康診断を実施する義務は、会社の規模によって決まるものではありません。
よって、小さな会社であっても人を雇い入れれば、大企業と同じように健康診断を受けさせる義務が発生するのです。


わたしも以前勤めていた会社は、上記の条件をクリアしている会社でありながら、健康診断が行われませんでした。
アルバイトでしたが、「1週間の労働時間が社員の4分の3以上ある」に該当していて、残業も休みも社員と同じレベルでした。
しかし、このときはアルバイトだったため、健康診断の義務はないと思い込んでいました。
みなさんも心当たりはありませんか?





・・健康診断 義務 〜費用は誰が負担するの?・・

法律には「誰が費用を負担すべきか」ということに関しての記述がありません。
しかし、会社に健康診断を実施する義務が課せられている以上、費用も会社が負担すべきというのが一般的な解釈になっているようです。

また、健康診断を行っている間の時間に対して給料が払われるかどうかについては特に法律の定めがありませんが、上記の特定有害業務に該当する職業の場合は、仕事が直接的に健康を害する可能性があるため、健康診断の時間=労働時間としなくてはなりません。

ですから、ほとんどの会社が給料の発生する時間で健康診断を行っているようですよ。






最後に、健康診断は義務です。

健康診断をやるかやらないかは、従業員何名以上だとか、会社の資本金が○○円以上とうような会社の規模では決まらないのです。

自分の健康を守る上でも、やる機会があるのであれば、意欲的に参加することをおすすめします。
そこで新たな病気などがわかるかもしれませんから。


posted by kenkosindan at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめリンク集
保証人なし融資 派遣社員 融資 銀行系カードローン 銀行ローン 審査 銀行ローン 種類 銀行ローン 借り換え 銀行 融資 個人 低金利 融資 低金利 ローン フリーローン 低金利 フリーローン 低金利 銀行 フリーローン 担保不要 融資 保証人不要 融資 担保なし フリーローン 融資 現金振込 低収入 銀行ローン 低所得 お金借りれる 低学歴 お金借りれる 低賃金 カードローン 即日 現金振込み 主婦パート お金 カードローン 即日 低金利キャッシング 担保不要 フリーローン 銀行ローン 金利 収入が少ない お金借りれる カードローン 種類 年金受給者でもお金借りれる



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。